2017年10月12日

【メルマガ配信銘柄】9月21日分の実績です

日経平均は+73円高の20954円と8日続伸し、連日で年初来高値を更新しました。 朝方は、米国で主要3指数がそろって史上最高値を更新したことを受けて高く始まりました。 その後は、利益確定売りから上げ幅を縮小する場面もありましたが、後場には高値で+113円高の 20994円まで上昇し、2015年6月24日の取引時間中に付けたアベノミクス相場の高値 20952円を上回り、終値では1996年11月29日の21020円以来、 約20年10ヶ月ぶりの高値となりました。 米国株高や企業の決算発表への期待感が相場を支えていることに加えて、衆院選の序盤情勢で 与党が300議席に迫る勢いなどと各紙が報じたことから、政治リスクが後退したとの見方が広がり、 TOPIXは4日続伸して2007年7月31日以来となる10年2ヶ月ぶりの高値を付けました。   ◆北朝鮮がなにも動かなかったことで、きょうも踏み上げ相場(売り方に損失確定の買い戻しを促すために 買い煽り、結果としてさらに上昇する相場展開)の継続となりました。 後場はさすがに短期的な過熱感も意識されて上げ幅を縮小しましたが、これであすの10月限SQ値は 21000円超にも21000円以下にもできる水準なので、売り方も買い方も あしたの朝は忙しくなりそうです。 与党が300議席に迫る勢いとの報道も相場の後押しとなりましたが、今回の衆院選に関しては メディアも小池都知事に失望して、与党の応援に回っている感じがします。 本来であれば、森友、加計問題や野田総務相の夫が元暴力団幹部問題、きのうの米軍ヘリ墜落問題など いくらでも攻撃できるはずですが、そういった報道はここへきて控えられているように思います。 株式相場の方はあすのSQをきっかけに目先は達成感が出やすいと思います。 SQ値を上の方で決めたい買い方はジワジワと買い上げてきましたが、さすがにテクニカル指標も 騰落レシオ(25日)が137.54、ストキャスティクス(9日)が97.05、RCI(9日)が 100など、過熱感を無視できない水準まで来ました。 そろそろ北朝鮮も動いてくる可能性がありますし、あしたのSQ値で21000円台に乗せれば とくに目先の達成感につながりやすいと思います。   ◆アメブロでシグナル点灯銘柄の無料公開を始めました◆ こちらからご覧になれます こちらでは朝9:30頃と昼13:30頃の2回、メルマガ配信している騰落率が大きい銘柄には 選ばれなかったものの、期待度が大きい銘柄のシグナル点灯を毎回2銘柄程度無料公開していきます。 ぜひご参考にしてください。   ◆ヤフーファイナンスに連載を始めました◆ こちらからご覧になれます 今後は毎週月曜日の寄り付き前に、一週間の注目銘柄を5銘柄程度書いていきます。 メルマガ配信している「騰落率が大きい銘柄」には選ばれていないものの、 一週間での値上がりや値下がりが期待できる銘柄を厳選して発表していきますので、ぜひご覧ください。   【9月21日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

10月12日 後場の相場概況

前場の日経平均は+97円高の20978円と8日続伸しました。 朝方は、米国で主要3指数がそろって史上最高値を更新したことを受けて高く始まりました。 寄り付き直後には高値で+99円高の20980円を付け、その後はやや上値が重い展開となりましたが、 前引けにかけて再度高値に接近する上昇となりました。 衆院選の序盤情勢で、与党の優勢と伝わったことから、買い安心感が広がった面もあります。 日経平均は、ソフトバンクが1銘柄で約43円押し上げ、2012年11月以降の アベノミクス相場における取引時間中の高値を更新しました。   ◆北朝鮮がおとなしくしている以上、踏み上げ相場は続くわけですが、それでも前引け試算の テクニカル指標はRCI(9日)が100、騰落レシオ(25日)は139.11と かなりの高水準まで来ています。 こうなってくるとSQ値を21000円以上にしたいプレイヤーと、21000円以下にしたい プレイヤーの戦いがあすの寄り付きまでは続くでしょう。 ドル円が円安に振れているわけでもないのに相場は上昇しているのですから、力技の戦いに ほかありません。 後場に入っても、前場の高値を上抜く動きになっていますので、21000円どころ、 もし勢いがついたら21100円どころと、段階的に売り上がっておいていいと思います。   ◆アメブロでシグナル点灯銘柄の無料公開を始めました◆ こちらからご覧になれます こちらでは朝9:30頃と昼13:30頃の2回、メルマガ配信している騰落率が大きい銘柄には 選ばれなかったものの、期待度が大きい銘柄のシグナル点灯を毎回2銘柄ほど無料公開していきます。 ぜひご参考にしてください。   ◆ヤフーファイナンスに連載を始めました◆ こちらからご覧になれます 今後は毎週月曜日の寄り付き前に、一週間の注目銘柄を5銘柄ほど書いていきます。 メルマガ配信している「騰落率が大きい銘柄」には選ばれていないものの、 一週間での値上がりや値下がりが期待できる銘柄を厳選して発表していきますので、ぜひご覧ください。   【9月20に配信したメルマガ銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

10月12日 前場の相場概況

11日の米国株市場は NYダウが+42.21ドル高の22872.89ドルと続伸し、連日で史上最高値を更新、 ナスダックが+16.296ポイント高の6603.548ポイントと続伸し、史上最高値を更新しました。 主要な経済指標の発表がないなか、企業の7-9月期決算発表の本格化を前に手控えムードが強まったものの 主要企業の業績への期待感が根強いことから続伸しました。 9月に開催されたFOMC(米連邦公開市場委員会)の議事録が公開され、インフレ動向について意見が 分かれていることが判明し、市場では将来利上げペースを緩めるとの思惑が浮上して株に資金が向かいました。 多くの機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数とあわせ、主要3指数が過去最高値を更新しました。   ◆堅調な米国株に加え、やや円安に振れていることもあってけさも高く始まりました。 連日書いていますように、こうなるとあすの10月限SQに向けて踏み上げ相場が継続する可能性があります。 一方で21000円台の回復が一つの目安となりますので、達成感が出やすくはなります。 それでも買いの手が緩まなかった場合には、SQ値が21000円を超えないとしてポジションを 組んでいた投資家が、あらためて買い戻しや先物買いを入れますので、瞬間的には勢いが つきやすくなります。 どちらにしてもいまは買い方が完全に優勢な相場展開になっていますので、段階的に売り上がる際にも 余裕を持った売り指値の並べ方が必要になると思います。 北朝鮮情勢や、テクニカル指標の過熱感はこのままというわけには行かないと思っています。   ◆アメブロでシグナル点灯銘柄の無料公開を始めました◆ こちらからご覧になれます こちらでは朝9:30頃と昼13:30頃の2回、メルマガ配信している騰落率が大きい銘柄には 選ばれなかったものの、期待度が大きい銘柄のシグナル点灯を毎回2銘柄ほど無料公開していきます。 ぜひご参考にしてください。   ◆ヤフーファイナンスに連載を始めました◆ こちらからご覧になれます 今後は毎週月曜日の寄り付き前に、一週間の注目銘柄を5銘柄程度書いていきます。 メルマガ配信している「騰落率が大きい銘柄」には選ばれていないものの、 一週間での値上がりや値下がりが期待できる銘柄を厳選して発表していきますので、ぜひご覧ください。   【9月20日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む