2017年10月11日

【メルマガ配信銘柄】9月20日分の実績です

日経平均は+57円高の20881円と7日続伸し、連日で年初来高値を更新しました。 終値ベースでは2015年6月24日に付けた第2次安倍政権発足以降の高値20868円を超え、 1996年12月5日の終値20943円以来、20年10カ月ぶりの高値水準となりました。 朝方は、円安一服が重しとなって利益確定売りから小安く始まりましたが下値は限定的で、 その後は10日の米国株高やIMF(国際通貨基金)による2017年の世界経済見通しの引き上げを 支えに上昇に転じました。 内閣府が朝方に発表した8月の機械受注統計で民間設備投資の先行指標である「船舶、電力を除く民需」の 受注額(季節調整済み)が前月比3.4%増加したことで企業業績の拡大期待は根強く、 高値では+74円高の20898円を付ける場面もありました。 日経平均の7日続伸は2016年12月6日から16日までの9日続伸以来で、 TOPIXは3日続伸して2007年7月31日以来約10年2カ月ぶりの高値を付けました。   ◆北朝鮮がなにも動かなかったことで、きょうも市場には買い安心感が広がりました。 こうなってくると踏み上げ相場の継続となりますから前場はジリ高となりましたが、 短期的な過熱感も意識されて後場はわずか約31円幅のもみ合いとなりました。 もちろん10月限SQに向けての踏み上げ(売り方に買い戻しをうながすために買い煽り、 結果として買い戻しが入ってさらに上がる展開)が一番大きな要因だと思いますが、 ココまで来るとさすがに公的資金を使った与党への応援相場も一因かもしれません。 10年ぶりとか、20年ぶりとかニュースで流れ出すと、国民はそんなに良い状況なら 与党に投票した方がこの流れが続くのではと考えますからね。 さすがに22日の投票日まで上げ続けるのは難しいでしょうし、上昇要因のひとつである SQ値は金曜日の寄り付きで算出されますので、頑張れてもそこがいったんの ピークになるかもしれません。 引き続き、余裕を持って段階的に売り上がるというイメージでいいと思っています。   ◆アメブロでシグナル点灯銘柄の無料公開を始めました◆ こちらからご覧になれます こちらでは朝9:30頃と昼13:30頃の2回、メルマガ配信している騰落率が大きい銘柄には 選ばれなかったものの、期待度が大きい銘柄のシグナル点灯を毎回2銘柄ほど無料公開していきます。 ぜひご参考にしてください。   ◆ヤフーファイナンスに連載を始めました◆ こちらからご覧になれます 今後は毎週月曜日の寄り付き前に、一週間の注目銘柄を5銘柄程度書いていきます。 メルマガ配信している「騰落率が大きい銘柄」には選ばれていないものの、 一週間での値上がりや値下がりが期待できる銘柄を厳選して発表していきますので、ぜひご覧ください。   【9月20日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

10月11日 後場の相場概況

前場の日経平均は+46円高の20870円と7営業日続伸しました。 朝方は、円安一服が重しとなって、利益確定売りから小安く始まりました。 短期的な過熱感も意識されるなか、安値では-35円安の20788円をつける場面もありましたが、 10日の米国株高や企業の4-9月期決算への期待などを支えに上昇転換しました。 その後はドル円が円安方向に傾いたこともあって、先物買いが入ると+65円高の20889円まで 上昇し、2015年6月24日に付けた第2次安倍政権発足以降の高値となる20868円を上回りました。 またこのままの水準で終わると、1996年12月以来、20年10ヶ月ぶりの高値となります。 内閣府が朝方発表した8月の機械受注統計で「船舶・電力を除く民需」の受注額(季節調整値)が 前月比3.4%増加したことも買い安心感につながりました。   ◆引き続き北朝鮮の動向を横目で見ながらの踏み上げ相場となっています。 10月限SQに向けて、相場が上がると売り方は買い戻しやリスクヘッジのために先物を 買う必要が出てきますので、需給関係としては完全に買い方のペースが続いています。 テクニカル指標の過熱感などは当然どこかで修正される思いますが、北朝鮮がなにも 挑発行為を起こさないのであれば、SQ値21000円超を目指す勢いになりそうです。 もちろん無理やりSQ値を高く決めるために上昇した反動はその後出やすくなりますし、 いつまでも北朝鮮がおとなしくしているとも思えません。 冷静に段階的な売り上がりをしていい水準まで来ていると思います。   ◆アメブロでシグナル点灯銘柄の無料公開を始めました◆ こちらからご覧になれます こちらでは朝9:30頃と昼13:30頃の2回、メルマガ配信している騰落率が大きい銘柄には 選ばれなかったものの、期待度が大きい銘柄のシグナル点灯を毎回2銘柄ほど無料公開していきます。 ぜひご参考にしてください。   ◆ヤフーファイナンスに連載を始めました◆ こちらからご覧になれます 今後は毎週月曜日の寄り付き前に、一週間の注目銘柄を5銘柄程度書いていきます。 メルマガ配信している「騰落率が大きい銘柄」には選ばれていないものの、 一週間での値上がりや値下がりが期待できる銘柄を厳選して発表していきますので、ぜひご覧ください。   【9月19に配信したメルマガ銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ☆買いシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら   ↓↓ 有料メルマガのお申し込みはこちらから ↓↓ココから買う株、ココから売る株 ~騰落率の大きい個別銘柄~ http://foomii.com/00113(有料メルマガ配信サービス... 続きを読む

10月11日 前場の相場概況

10日の米国株市場は NYダウが+69.61ドル高の22830.68ドルと3日ぶりに反発、 ナスダックが+7.521ポイント高の6587.252ポイントと反発しました。 主要な経済指標の発表がないなか、大規模な自社株買いなどを発表したウォルマートが大幅高となり、 1銘柄でダウを24ドル強押し上げて相場上昇をけん引しました。 サウジアラビアが11月の原油輸出を削減する方針を示し、NY原油先物WTI価格が続伸したことで 石油関連株が堅調でした。 NYダウは終値で3営業日ぶりに過去最高値を更新しています。 ナスダックはフェイスブックやアルファベット(グーグル)などの主力株が売られて上値は重かったものの 完全自動運転車を作るための開発基盤を18年後半から供給すると発表したGPU(画像処理半導体) 大手のエヌビディアが買われ、指数を押し上げました。   ◆米国株高の一方で円高が進んだことで、けさは小安く始まっています。 きのう、北朝鮮が朝鮮労働党創建記念日を迎えましたが、なにも軍事的挑発行為を行わなかったことで 地政学リスクが和らいだととらえられ、買い安心感が広がりました。 この流れがきょうも続くのか注目されるところですが、このままおとなしくなっていくと考えるのは やや楽観的過ぎる気もします。 もしなにも行わないと、金委員長の国内での求心力が疑問視されるためです。 ただ想定の範囲内の挑発行為にとどまるのであれば、今週は10月限SQを控えていることから 踏み上げ相場が週末まで継続する可能性があります。 もし続いた場合には、そこが目先の高値になるかもしれません。   ◆アメブロでシグナル点灯銘柄の無料公開を始めます◆ こちらからご覧になれます こちらでは朝9:30頃と昼13:30頃の2回、メルマガ配信している騰落率が大きい銘柄には 選ばれなかったものの、期待度が大きい銘柄のシグナル点灯を毎回2銘柄ほど無料公開していきます。 ぜひご参考にしてください。   ◆ヤフーファイナンスに連載を始めました◆ こちらからご覧になれます 今後は毎週月曜日の寄り付き前に、一週間の注目銘柄を5銘柄程度書いていきます。 メルマガ配信している「騰落率が大きい銘柄」には選ばれていないものの、 一週間での値上がりや値下がりが期待できる銘柄を厳選して発表していきますので、ぜひご覧ください。   【9月19日にメルマガ配信した騰落率が大きい銘柄の実績です】☆売りシグナル点灯後14日目までの実績一覧はこちら ... 続きを読む