3月23日後場のシグナル点灯銘柄です♪

前場は心理的な節目の19000円を一時割れたけど、その後は切り返しましたね~

 

まぁ昨晩に比べれば円安に動いているし、日本時間でも少し円安方向だし、米国時間外取引も小じっかりだし、WTIも戻し基調だし、もう少し頑張ってもいいところですが、証人喚問が心理的に足を引っ張ってる感じでしょうか(^^;

 

為替的にはロンドンの事件は織り込んでいるでしょうし・・・

 

ちなみに今日の-2σは19027円、-3σは18855円くらいになりそうなので、また下がってきたらこれをメドに買う予定です♪

→下にボリンジャーバンドの説明を加筆しました

 

ちなみに・・・もし今日安く終わってしまい、明日も軟調なところがあると、昨日とは違う「買いシグナル」が点灯するかもしれません☆

 

そうなったら前回の「売りシグナル」に続いてコール買い100%超の勝負まで考えています!

 

つまり、相場の反転上昇は近いと見て、全力買いで行くかもです(o^o^o)

 

 

◆後場のこの時点で確定しているシグナルです◆

☆半日足分析

売りシグナル

3349: コスモス薬品←追加しました

9506: 東北電力

 

買いシグナル

4732: USS

6762: TDK

7013: IHI

7606: Uアローズ

7951: ヤマハ

8252: 丸井グループ

8253: クレセゾン

8355: 静岡銀行

8524: 北洋銀行

8628: 松井証券

でした☆

 

------------------------------------------------------------–

 

ボリンジャーバンドというのは、移動平均線と、その上下に値動きの幅を示す線を加えた指標のことです。

 

意味合いとしては価格の大半がこの帯(バンド)の中に収まるという統計学を応用したテクニカル指標です。

 

ボリンジャーバンドの中心となっているのが移動平均線です。

一般的には25日移動平均線を真ん中にします。

株価は上昇と下降を繰り返しますが、移動平均線あたりで株価が推移していることが多く、移動平均線から極端に離れることは逆に少ないので、行き過ぎた時には売りや買いという逆張りに使います

 

ボリンジャーバンドの中央には移動平均線がありますが、統計学的にその移動平均線の上下の線の間で株価が動く確率が、それぞれ想定されています。

移動平均線を中心に
+1σ(シグマ)から-1σの間で株価が動く確率が約68.3%
+2σから-2σの間で株価が動く確率が約95.5%
+3σから-3σの間で株価が動く確率が約99.7%

となっています☆

 

ちなみに3月23日前引け時点での日経平均のボリンジャーバンド概算値は

+3σ  19888.40円

+2σ  19716.29円

+1σ  19544.18円

25日線 19372.07円

-1σ  19199.97円

-2σ  19027.86円

-3σ  18855.75円

となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。