現在の海外市場

日本が休場のなか、ドル円は先週のFOMC後の記者会見を受けて円高に振れました。

 

つまりおおかたの予想通り年3回ペースが維持され、予想以上に日米金利差は広がらないこと、米10年国債の利回りが低下(価格は上昇)したことに反応したわけです。

 

これを受けて日経平均のCFD取引(差金決済取引:24時間取引)は安値で19401円と、先週末の日経平均終値を-120円下回り、3月限SQ値19434.30円を下回りました☆

 

欧州株市場ではロンドン株式が4日ぶりに反落するなど、総じて小安く始まっていますし、米国株時間外取引も小安い水準です。

 

それでも下値が底堅かったこと、米10年債利回りが戻したことから、日経平均CFDも戻し基調で、ドル円も112円台後半に反転しています(^^;

 

冷静になってみれば、週末に行われたG20で特にサプライズが無かったこともあるかもしれません。

 

SQ値を割ってくると、投資家の買いたい心理が後退気味になるので、次は25日線の19394.90とかボリンジャーバンド-1σの19246.79なんかが目標になってくるかな~と期待していただけにちょっとガッカリです・・・

 

まぁ朝になってくればどうなっているか分かりませんので期待はしていますが♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。