オプション取引で財を成す!【いくらで指値する?~2】

 

[いくらで指値する?~2]

 

前回に続いて実際に買う場合、いくらくらいで指値をすればよいか、とても便利な指標であるデルタのお話をしたいと思います♪

 

コールの場合にはデルタプラスでしたが

プットの場合にはデルタマイナスになります。

 

日経平均が-200円安すると-200円×デルタ-0.5の場合には+100円となり、日経平均が200円下がるプットの価格自体は100円の値上がりとなります。

 

逆に日経平均が+200円高すると、+200円×デルタ-0.5で-100円、つまりこのプット日経平均が200円上がるプットの価格は-100円値下がりするということになるのです。

 

 

【ご注意】

1 デルタは相場の変動によって上下します。

2 SQが近づくことでも変動します。

3 オプション価格の決定要因はほかにもあるので、あくまでも目安として使います。

 

 

やや難しくなったかもしれませんが

相場が上がるときはコールが値上がりし

相場が下がるときはプットが値上がりする

ということだけ押さえておけば、実際に儲けることは可能です。

 

デルタのお話はそのために知っておいた方が得する知識くらいのとらえ方で良いと思います。

 

これを使えば、相場を見ていなくても指値をして売買しやすくなるからです♪

 

特にオプション取引夕方16時半から翌朝5時半まで夜間取引があります。

ここで上手に指値をしておけば、寝ている間に儲けることも可能になるのです☆

 

応援よろしくお願いします♪

人気ブログランキング

 

★初めての方はこちらから読んでもらった方がわかりやすいと思います

 

オプション取引で財を成す!【はじめに】

オプション取引で財を成す!【オプションってどんな取引】 

オプション取引で財を成す!【実際に売買するには】

オプション取引で財を成す!【行使価格を決める】

オプション取引で財を成す!【いくらで指値する?】

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。