☆昨日で10日間経過した個別銘柄のシグナル点灯後の結果です☆

結局昨晩の米雇用統計はおおかたの予想通り良かったですね~

 

非農業部門雇用者数が前月比で23万5千人増だったので市場予測の19万人を大きく上回ったし、失業率も4.7%で前月比で改善してるし、平均時給も26.09ドルで前年同月比2.8%増えてるし。

 

これで来週14~15日のFOMCでは利上げをするでしょ

 

それはもう市場も織り込んだとして、次に気になるのは15日のオランダ下院選挙でどれだけ極右自由党が躍進するかでしょ。

 

フランス大統領選挙が不透明なだけに、この結果次第ではまた市場がザワつくのかな・・・

 

あとは1バレル50ドル台前半を維持していたWTIが、昨晩は48ドル台前半まで付けてきて、3か月ぶりに50ドルを下回ってきましたね~

 

1月からOPECが減産を始めたものの、米国で在庫が高水準に積み上がっているので先行きに弱気な見通しが増え始めています。

 

株価も高値圏にあるだけに調整入りは不可避かな?

 

だったらぜひ!日経平均に「売りシグナル」を点灯させて、プットでも儲けさせてほしいです♪

 

 

◆個別銘柄を日足と半日足(前場と後場をそれぞれ1本のローソク足として)で分析しています。

◆売りシグナルが出た場合、翌営業日までの高値から、10日目までの最安値で計算しています。
買いシグナルが出た場合、翌営業日までの安値から、10日目までの最高値で計算しています。

◆騰落率が
2.5%~5.0%未満のものはオレンジ色
5.0%~10.0%未満のものは黄色
10.0%以上のものは赤色に色付けしています。

◆小数点以下第3位を四捨五入しています。

 
ランキングの応援にクリックをお願いします♪
    ↓ ↓ ↓
にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
   にほんブログ村